メニュー

令和元年7月_03

ご意見等

 3東病棟の皆様へ
 39日間の入院生活を体験し感じたことを書きたいと思います。
 わがままをぶつける人といえば看護師さんしかいないことはわかっていましたが、皆様は心やさしく声をかけてくれて悟るように話をされ、機敏に行動しておられたことに感謝いたします。3東全員の看護師さんの日頃の担当医師との情報の伝達と処理、縦・横のつながりに心動かすものを感じました。私の身勝手な言葉にも心温まるやさしい声をかけてくれた事に感謝いたします。
 ある夜の9時30分から10時まで、ある患者が大声で怒鳴りながら看護師さんに自分の主張ばかり言ってましたが、その看護師さんは罵声に耐え患者の言葉をかみしめて話をしている姿、悟らせる言葉のやさしさに看護師さんの心の広さ・忍耐力の強さを感じ、感激いたしました。
 このような看護師さんがいらっしゃるのも、全員の統制が行き届いているのも素晴らしいスタッフの皆さんだと感じます。人生には色々な人との出会いがあり何かの縁で人とつながることを悟りました。
 8月~9月にもう一度お世話になりますが、よろしくお願いいたします。書いても書いても次から次へと走馬燈のように浮かんできますが、人の心のやさしさを自分も身につけて社会に貢献したいと思います。
 本当に本当にありがとうございました。

当院の対応

 心のこもった感謝のお手紙を頂戴しました。ありがとうございます。
 スタッフに対する有り難いお言葉の数々、県立日南病院看護部をはじめ院内全員の励みとなりました。8月の再入院の際にも万全のケアにつとめ、引き続き、当病院の基本理念である「患者本位の病院」を目指して参りたいと思います。