メニュー

病院情報の公表

平成30年度 宮崎県立日南病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 357 55 68 170 148 272 785 958 954 216
70~89歳が多く、全体のうち48.7%を占めています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 52 16.60 20.92 15.79 80.58
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 32 26.41 19.06 0.00 72.22
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 24 11.42 10.00 12.12 67.08
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 20 15.75 14.58 42.86 75.50
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 19.24 13.63 0.00 75.41
呼吸器疾患の入院患者が多く肺炎が1番目、2番目にあがっています。
3番目の肺の悪性腫瘍は肺癌のことで、「手術・処置等2 4あり」は入院中に化学療法を行ったという意味です。

循環器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 87 3.22 3.01 2.30 71.01
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1、2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 71 5.25 4.47 4.23 72.35
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 63 19.81 17.66 9.52 84.78
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 53 3.47 3.15 0.00 70.74
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1、3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 49 13.84 11.01 8.16 80.69
狭心症に対する心臓カテーテル検査が最多です。ほとんどが2泊3日のため、平均在院日数が3.22日となっています。
2番目は狭心症に対する手術(経皮的冠動脈ステント留置術や経皮的冠動脈形成術)入院です。ついで心不全入院が多いです。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 31 5.00 6.19 3.23 1.42
030270xxxxxxxx 上気道炎 21 4.71 4.96 4.76 0.76
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 7.35 6.62 5.88 5.35
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2 なし 13 4.92 6.14 0.00 3.08
100380xxxxxxxx 体液量減少症 10 4.40 9.12 10.00 2.20
1番多い入院は急性気管支炎です。ついで上気道炎、喘息が多いです。いずれも平均在院日数は一桁です。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 50 13.90 10.08 6.00 75.66
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 29 6.41 4.96 0.00 73.17
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 22 14.95 10.59 0.00 69.50
090010xx99x4xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 22 19.09 4.28 0.00 66.41
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 10.11 8.95 11.11 66.94
最も多いのは胆管結石や胆管炎に対する手術入院です。結石除去やドレナージ、ステント留置を行っています。次いでヘルニア手術入院、乳癌に対する切除入院が多くなっています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 78 36.10 26.30 39.74 84.38
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 42 23.17 5.68 7.14 64.31
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 34 47.18 24.26 0.00 75.68
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 25 13.00 4.83 0.00 69.08
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 13 23.92 19.61 15.38 81.08
整形外科は手術症例が多く、1番目が大腿骨骨折の手術(骨折観血的手術や人工骨頭挿入)入院、2番目が前腕骨折の手術(骨折観血的手術や抜釘)入院、3番目が膝関節症の手術(人工関節置換術)入院となっています。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 43 2.09 3.02 0.00 67.21
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 33 21.21 16.18 36.36 73.33
010060×2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 1あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 30 18.27 18.22 36.67 76.70
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 20 5.75 7.35 0.00 55.95
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 13.11 11.80 16.67 80.94
未破裂脳動脈瘤に対する1泊2日の検査(造影剤使用撮影)入院が最も多いです。2,3番目は共に脳梗塞のエダラボン治療ですが副傷病有無によって区別されています。

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
140010x197x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術あり 手術・処置等2 なし 55 3.56 8.48 3.64 0.00
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 43 4.33 6.17 4.65 0.00
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし 36 3.81 5.75 0.00 31.78
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 26 3.58 4.85 0.00 73.46
140010x297x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術あり 手術・処置等2 なし 21 7.57 15.26 0.00 0.00
診療科名は産婦人科となっていますが、ほとんどが産科、新生児科系疾患で婦人科症例は少数です。低出生体重児手術(仮死蘇生術)あり(新生児)、低出生体重児手術なし(新生児)、妊娠糖尿病(産科)の順に多いです。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 87 3.39 2.84 0.00 74.72
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 21 10.81 8.00 0.00 78.19
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 12 7.92 5.39 0.00 79.08
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 10 8.70 7.05 0.00 75.90
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 なし 片眼 7.52
白内障手術(水晶体再建術等)が多く、片眼症例が1番、両眼症例が3番目にあがっています。2番目は緑内障の緑内障手術等が多いです。

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 20 7.45 7.89 0.00 22.25
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 20 5.75 7.04 0.00 61.40
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 5.43
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 8.29
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 7.37
1番目は扁桃、アデノイドの慢性疾患(扁桃肥大や扁桃炎)、2番目は慢性副鼻腔炎、1番目、2番目については手術あり/なし合算となっています。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 41 2.29 2.53 0.00 72.34
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 31 6.74 7.20 0.00 71.65
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 20 6.90 5.62 5.00 62.60
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 14 8.21 8.65 73.86
110080xx02xx0x 前立腺の悪性腫瘍 精巣摘出術 定義副傷病 なし 6.34
主に1泊2日の前立腺癌の疑いに対する生検目的入院が最多です。2番目は膀胱腫瘍に対する手術入院です。次いで尿路結石に対する結石除去術が多いです。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 13 21 1 6,7,8
大腸癌 22 24 47 19 1 6,7,8
乳癌 21 17 25 1 6,7,8
肺癌 15 33 1 6,7,8
肝癌 1 7,8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 29 15.93 76.14
重症
超重症
不明

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 133 22.84 76.53 39.85
その他 10 25.80 79.10 30.00

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K610-3 内シャント設置術 18 21.33 31.56 0.00 72.17
K654 内視鏡的消化管止血術
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満
K664 胃瘻造設

循環器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 62 4.08 4.10 3.23 71.95
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 39 0.05 23.74 7.69 71.08
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 35 3.86 9.00 8.57 80.17
K597-2 ペースメーカー交換術 21 1.05 9.24 4.76 81.95
K596 体外ペースメーキング術 18 2.44 3.44 11.11 72.00

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 35 1.06 16.00 5.71 76.86
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 28 1.82 3.57 0.00 72.57
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 27 5.37 9.37 0.00 66.67
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 22 2.36 7.68 0.00 75.41
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 18 1.61 12.89 0.00 72.06

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K0461 骨折観血的手術(大腿) 64 2.09 35.38 40.63 85.16
K0821 人工関節置換術(膝) 40 3.15 42.45 0.00 75.73
K0462 骨折観血的手術(前腕) 24 1.25 30.54 8.33 69.21
K0811 人工骨頭挿入術(股) 23 5.61 35.00 43.48 81.30
K093 手根管開放手術 22 0.64 10.45 0.00 70.91

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 23 0.96 12.65 21.74 80.39
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 11 6.91 11.64 27.27 78.18
K1781 脳血管内手術 1箇所
K178-4 経皮的脳血栓回収術
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除)2椎

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 84 0.00 5.81 2.38 0.00
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 開腹によるもの 17 0.82 7.06 5.88 52.59
K867 子宮頸部(腟部)切除術 16 1.00 1.31 0.00 41.38
K877 子宮全摘術 15 1.60 6.87 0.00 49.47
K9091ロ 流産手術 妊娠11週までの場合 その他のもの

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合) 104 0.42 2.67 0.00 75.24
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 13 2.23 6.08 0.00 74.69
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 11 2.45 9.64 0.00 79.64
K2683 緑内障手術(濾過手術)
K2686 緑内障手術 水晶体再建術併用眼内ドレーン挿入術

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 19 1.16 5.95 0.00 24.05
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 11 0.91 3.91 0.00 60.00
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術IV型(汎副鼻腔手術)
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの
K3191 鼓室形成手術 耳小骨温存術

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 32 1.69 4.75 3.13 72.47
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 17 1.88 2.18 0.00 61.24
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術 ホルミウムレーザーを用いるもの 12 2.58 4.75 0.00 74.33
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 11 2.27 8.91 9.09 74.27
K830 精巣摘出術

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 15 0.38
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 23 0.58
異なる

更新履歴

2019/09/10
集計情報を平成30年度分に更新