メニュー

麻酔科研修カリキュラム

1. 一般目標

麻酔の基本的な知識と技能、及び救急蘇生に必要な知識と技能を修得する。

2. 教育目標

  1. 以下の点に留意して術前訪問を行う。
    1. 患者の問診や診察を行い、全身状態、問題点を判断して記録する。必要があれば、手術適応、術式、麻酔方法などについて主治医と相談する。
    2. 他の医療従事者に追加検査や麻酔前投薬などの必要な指示を出す。
    3. 患者及び家族に麻酔に関するインフォームドコンセントを実施し、納得したうえで同意書を得る。
  2. 手術室の管理運営体制を理解し、消毒と滅菌、清潔と不潔を理解する。手術室におけるチーム医療を身につける。
  3. 吸入麻酔薬、静脈麻酔薬、筋弛緩薬、麻薬、局所麻酔薬、循環系薬剤など周術期に使用する薬剤の薬理、使用方法、管理方法を修得する。
  4. 手術室の麻酔器、モニターを理解し、患者に応じて選択して使用する。
  5. 患者管理に必要な静脈路確保、輸液・輸血療法、気道確保、気管内挿管などの技能を修得する。
  6. 全身麻酔、区域麻酔、局所麻酔の基本を理解する。
  7. 術後回診を行い、術後鎮痛や周術期の合併症を理解し、予防・治療が行えるようにする。

3. 目標達成のための具体的行動計画

(1) 経験できる診察法、検査手技

  1. 基本的診察ができる
    1. ★術前訪問で病歴を聴取し、麻酔に必要な情報を収集
    2. ★麻酔的見地から全身の診察
    3. 術後訪問で麻酔の影響を評価
  2. 基本的検査法ができる
    1. ★心電図、X線像、検査結果から、術前リスクを把握
    2. ★心電図をモニターし、評価
    3. ★血液ガス分析を行い、結果を理解
    4. ★血糖、電解質を測定し、結果を理解
    5. ★パルスオキシメーターを使用し、結果を理解
    6. ★呼気ガスモニターの測定を行い、結果を理解
    7. ★筋弛緩モニターを使用し、変化を理解
  3. 基本的手技ができる
    1. ★気道の確保、マスクによる用手人工呼吸
    2. ★経口気管挿管、用手換気
    3. 経鼻気管挿管
    4. 二腔気管チューブ挿入、分離肺換気
    5. 人工呼吸器の使用法を理解、実施
    6. ★静脈血及び動脈血採血
    7. ★末梢静脈路を確保、輸液
    8. ★くも膜下穿刺、脊椎麻酔
    9. 硬膜外穿刺、硬膜外麻酔
    10. ★膀胱カテーテルの挿入
    11. ★胃管挿入
    12. ★局所浸潤麻酔
    13. ★全身麻酔のための機器準備
    14. 麻酔器の構造理解、点検、整備
    15. 動脈ライン挿入、圧測定
    16. 中心静脈カテーテル挿入、圧測定
    17. 肺動脈カテーテル挿入、心拍出量測定
    18. 腕神経叢ブロック、閉鎖神経ブロック
    19. 術後の疼痛管理
  4. 基本的治療法ができる
    1. ★患者の全身状態、術式を考慮した麻酔計画
    2. ★麻酔前投薬
    3. ★麻酔薬、麻酔関連薬物の使用
    4. ★輸液療法
    5. ★輸血
  5. 救急処置法ができる
    1. ★バイタルサインを正しく把握
    2. ★蘇生手技
    3. 除細動機の使用
  6. 患者・家族との良好な人間関係の確立ができる
    1. ★患者の社会的状況を理解
    2. ★患者・家族への麻酔法、麻酔の危険性を説明
  7. 予防医療ができる
    1. 手術室における清潔と不潔、消毒・滅菌法、感染防止対策
  8. チーム医療ができる
    1. ★外科医と協調診療
    2. ★指導医に状況を報告、診療を依頼
    3. ★医師以外の医療従事者と協調
  9. 診療記録の記載ができる
    1. ★処方箋、指示箋
    2. ★術前指示、麻酔記録
    3. 麻薬の取り扱い、管理
  10. その他
    1. ★常に医療過誤防止に留意し、ニアミスを報告できる
    2. ★文献検索など、必要な情報を収集できる

4. カリキュラムの特徴

  1. 指導体制:麻酔専門医(2名:日本麻酔科学会認定)と共に、各科の麻酔を担当する。
  2. 週間スケジュール
    1. 月~金曜日 8:00~8:30 当日の症例検討会
    2. 月~金曜日 8:30~9:00 麻酔の準備
    3. 月~金曜日 9:00~17:15 麻酔業務、術前訪問
  3. 期間中に1回、麻酔関連の興味のあることについて、看護師を対象に20分程度講義を行う。(Power Point使用)
  4. 評価:研修終了後、目標の達成度を自己評価し、指導医の評価を受ける。また、指導に対する評価を行う。
  5. ★印は、3ケ月または6ケ月ローテイト研修医の到達目標

臨床研修を行う診療科ごとの研修カリキュラム概要

必修科目

自由選択科目

病院見学・実習を希望される方、ご質問のある方は、下記までご連絡下さい。

〒887-0013 宮崎県日南市木山1丁目9番5号
宮崎県立日南病院 副院長兼内科部長  原 誠一郎
FAX. 0987-23-5142
E-mail: shara@pref-hp.nichinan.miyazaki.jp

資料請求等

経営企画担当 岩切 圭佑(いわきり けいすけ)
FAX. 0987-23-5142
E-mail: iwakiri-keisuke@pref.miyazaki.lg.jp